test01|色彩戦略家・池田早苗の「稼げる色学」は、売上を上げるための講座やセミナーを開催しております。(大阪心斎橋カラースクール)

色彩戦略家 池田早苗の「稼げる色学」
お問合わせ
色で売上UPしたい方へ

インテリアコーディネートレッスン

こんな部屋に住みたいを現実にする!

私はキレイなものが大好きです。
母に聞くと、もの心ついた頃から大好きだったそうです。
初めてリカちゃんハウスを買ってもらった4、5歳の頃、「こんなお姫様が住むようなキレイなお家があるなんて!」と夢をもったことがきっかけです。

私が魅了したその当時持っていたリカちゃんハウスは外壁がオレンジ色で、部屋はブラウンやアイボリーの猫足の家具でした。

小さい頃からインテリアに興味を持ち、広告チラシの家の間取り図が大好きでした。

デパートへ行くと家具売り場へ行き、好みの家具を見つけ、次はカーテン、次は食器、自分が着る洋服に至るまでイメージし、現実とは異なる自分の顔も可愛く想像し、父や母、兄も私好みに変身させて、空想コーディネートした理想の家の主人公になりきっていました。
小学校5年のとき、初めて与えれた自分だけの部屋は、和室で夢みていたものとは違い、かなりがっかりしました。

しかし、少しでも自分好みに近づけたいので、襖をカーテンで隠し洋室風にアレンジしたり、色々いじってました。

高校1年のとき、やっと自分の思い通りの部屋を実現できた嬉しさは今でも鮮明に覚えています。
家を建ててくれている大工さんからインテリアコーディネーターという職業があることを知りました。
思い通りの部屋にしてもらうために、学校から帰ると寄り道もせず、真っ先に現場へ行き、大工さんに部屋に対する想いを熱く語っていました。
その完成された部屋に買ってもらった、こだわった家具は今でも大切に使っています。

1

当然、夢のインテリア業界へ進むかと思いきや、バブル経済真っ只中の環境に流され、なんとなく付属短大、なんとなく就職、そのなんとなくOL生活9年目の変化のない生活のなか、気分転換に部屋のカーテンを替えてみたところ、幼少の頃、リカちゃんハウスを見たあの衝撃が走ったのです。

2

そこからの行動は早い!
インテリアスクールに体験へ。
なんか違う!
私の衝撃は色だ!
色合いだ!
カラーだ!

早速カラースクールへ・・・

似合う色を診断していても楽しい。
どの授業にも興味をもった。
夢中になった。

今まで何ひとつアクションを起こすことができなった私が、一人でスクール選びから問い合わせ、決定に至るまでできたことがびっくりです。
私だけでなく、周りもびっくりしていました。

何か行動を起こすことは新しい扉を開く、自分の世界を広げていく体験が、引かれたレールしか乗ったことのない私にはすごく新鮮で、とにかく楽しかった。

今では一人で行動することがクセになっています。
どうやら私は色に心を奪われてしまったのです。

色みがあるのものには、人の心を動かす力があります。
想像の世界へと導いてくれたり、イメージを広げてくれる楽しさがあります。
そんなカラー(色)のお陰で、今まで全く自信がなかった私が、カラーのプロとして、株式会社ル・ビジューという看板を掲げるようになったのは、優秀だった訳でもなく、カリスマ性があった訳でもなく、自分の好きなものにこだわったこと。あきらめなかったこと。この想いはどのような状況・環境であっても好きであれば続けられる。と私は思っています。

当スクールは、私と同じように、「ひょっとしたら、自分にはまだ何かできるのではないか」
「心残りになっているチャンスに挑戦してみたい!」
そんなあなたを応援できるスクールを目指しています。

自信がない!何の取り柄もない!池田早苗のプロフィールとカラーを学ぼうと思ったきっかけを語ってます。
よかったら見てください。






色で大切な人の応援者になる
15年前、パーソナルカラーの勉強をし、カラースクールの講師へと進んだ私ですが、そもそも私はパーソナルカラーを良く分からずに受講しました。

実はインテリアに興味があって、インテリアの勉強をしたくてカラースクールに飛び込んだのです。
カラースクールに問い合わせをし、伺い、インテリアに活かせる講座がパーソナルカラーだと担当の女性の方に薦められて受けたのがパーソナルカラーアナリスト養成講座でした。

しかし、授業の中にインテリアに関する内容が全くなく、「似合う色?」と最初はすごく戸惑いましたが、気がつくとパーソナルカラーに夢中になっていました。

ではなぜ私がパーソナルカラーに夢中になったのか・・・

それは私にも似合うピンクがあると知ったときでした。

私のなかで、ピンクを着ている人は女性らしくてキレイな人であると勝手な先入観があって、水色は着れるけど、ピンクは恥かしいと思っていました。

それが色の特徴の違う4枚のピンクの布をすごいスピードでめくると顔色が変わったり、表情が変わったり、老けて見えたり、若く見えたりするのです。

これには本当に驚きました。

ピンクだけではありません。

赤や青、緑やベージュ、白でも私に似合う色、似合わない色がそれぞれあるのです。

私が似合うカラータイプはスプリングと診断で分かりました。

スプリングの特徴は、どの色にも黄色が含んだ、まるでお日様が当たったような明るくフレッシュな色が似合うタイプなのですが、正直気恥ずかしい感じで、本当に似合ってるのかな?と半信半疑だったのですが、高い受講料で受けたので、メイクや洋服を思い切って似合う色に変えたのです。

すると人生が変わりました。

似合う色に変えたところ、24歳では面接落ちまくっていた私が、30歳では募集年齢が大幅に越しているにも関わらず、受けるところ受けるところ100%合格しました。

そして私は憧れていた某大手旅行会社に採用してもらえたのです。

「垢ぬけたね!」 
会う人会う人に垢ぬけたね!若くなったね!など褒めてもらえることが多くなり、それまでは自信があるほうではなかったのですが、次第に自信がつくようになったのです。

「診断して欲しい!」 
ピンクのコートや、オレンジのジャケット、黄緑のワンピースなどを平気で着ている私を見て友人たちから、自然とカラー診断をして欲しいと声がかかるようになり、私自身診断力をもっとつけたいとカラーに対する欲が出てきていたところだったので、身近な人から診断をさせてもらい、他人をアドバイス、コーディネートをする楽しみが湧いてきました。

自分をコーディネートよりも他人をコーディネート! 
自分のコーディネートももちろん楽しいですし、ファッションに夢中になりましたが、それよりも、友人やお客様が似合う色でキレイになっていく姿を見ることの方が私を夢中にさせてくれました。

色で人はどんどん変われるんだ!
色を変えるだけで人生は変わるんだ!

人は自分が経験し、成功したことを伝えたい!
自分が経験したことで役に立つことがあれば、「使って欲しい」、「助けたい」、「守ってあげたい」と思うのではないでしょうか・・・

パーソナルカラー(似合う色で)どんどんあなたがイキイキと輝き、センスが良くなると、周りの方はあなたを注目し始めます。
そして次第にあなたのように輝きたい。と思う人が増えることでしょう。

あなたはあなたを求める方に
色で人生は変わる、色で人生は変えられることを自信をもって伝えてあげることができるのです。

それがカラーアナリストの役目だと私は思っています。

あなたのカラーアドバイスで人生が変わった!と影響力を与えられる人を目指してみませんか。


▼カラーコーディネーターとの違い ▼養成講座カリキュラム ▼受講料 ▼受講生の声

PageTop