• 色彩心理ってなぁに?|大阪初!マンツーマンで指導心斎橋カラー専門スクール

    トップページ
  • お問い合わせ
企業向け講座
個人向け講座

色彩心理ってなぁに?

色は本当に不思議なもので、私たちの心にとても影響力を持っています。
例えば、あなたにとって一番わくわく、ドキドキするのはどれでしょうか?


ウィンドショッピングで好きな洋服に出会う!
気に入った洋服が見つかると、どこかへ遊びに行きたい!と洋服を装っている自分の姿が映像に浮かんだ瞬間に購入!自宅に戻ってファッションショーで楽んだ経験ありませんか。

デパ地下で美味しそうなケーキを選ぶ!
何種類ものケーキの中から食べたいケーキを選ぶほどもっとも難しく贅沢で幸せな悩みを苦痛に感じる方はいないですよね。

好きな人へのプレゼントを選ぶ!
彼が普段着ている洋服の色や彼が好きな色を思い出し、気に入ってくれるだろうか、喜んでくれるだろうか、と思いながら選んでいる自分が好き!という経験ありませんか。

インテリアを楽しむ!
好きなコーヒーカップでお茶を楽しんだり、一輪ざしにお花を飾ったりするとリラックスができて、ちょっとリッチな気持ちになったり、優しくなれたりしませんか。

どれを想像しても笑顔になると思いませんか(^v^)
それぞれ選ぶものは異なっていても、決め手となる要素の一つに色が影響しています。
そしてどれを選んでも
色はあなたを幸せな気持ちにさせてくれる効果があるのです!

わくわくイメージ

私たちは、知らず知らずのうちに、色でいろいろなモノを判断しています。

食材を選ぶにしても、賞味期限の前にまずは、新鮮であるかどうか「色」をみませんか?
家族や大切な方の体の調子や様子が悪いかどうか「顔色」を見ませんか?
美味しそうとかマズそうとか食べる前に見た目で判断しませんか?
重たそうとか、軽そうとか、色で判断したり、派手とか地味とか色で決めたりetc…

このように、色彩が私たちの心や生活において、無意識に色の情報が役立っていることが沢山あるのです。
その影響力が「色彩心理」なのです。

こんなトコにも使われている色彩心理!

碁石は黒よりも白の方が小さい!?

碁石は黒よりも白のほうが少し小さくつくられています。黒と白を同じ大きさに揃えると、
白のほうが大きく見えてしまうからです。色には膨張色と収縮色があり、そのため、
同じ大きさに見えるように視覚的な調整がされています。
碁石は黒よりも白の方が小さい!?

赤・オレンジ・黄色(暖色系)と青緑・青・青紫(寒色系)とでは体感温度が2℃〜4℃も違う!!

色には人間の生理や感情に及ぼす力があります。赤・オレンジ・黄色を見ると、火や太陽を連想するので
心理的に温かさを感じ、体が温まり体感温度も上昇します。
反対に青・青緑・青紫は水や海などを連想するため、心理的に体が寒く感じ体感温度が下がります。
体感温度が2℃〜4℃も違う!!

面白いと感じた方・もっと知りたいと思った方は

色彩心理体験レッスン色彩心理基礎講座でお待ちしています♪