ちょっとした『色』の工夫で、日常もビジネスも楽しんでます♪色彩戦略家 池田早苗ブログ | 色彩戦略家・池田早苗の「稼げる色学」は、売上を上げるための講座やセミナーを開催しております。(大阪心斎橋カラースクール)

色彩戦略家 池田早苗の「稼げる色学」
お問合わせ
色で売上UPしたい方へ

女性専用車両があるならば…

女性専用車両があるならば、母子専用車両もあるといいですね。

赤ちゃんは泣きます。泣くものです。

わたしたちも赤ちゃんのときは泣いてました。(自分の記憶にはないかもしれませんが)

それを冷たい目で見る人の気がしれない。

赤ちゃんのママは汗かきながら、今にも泣きそうに子供をあやしています。

一生懸命なママには応援しましょうよ。

ベビーカーから、抱っこひもに変えようしていたので、わたしが少しお手伝いしたら、赤ちゃんのママは、「ありがとうございます。ありがとうございます。」を何度も言ってくれました。

ママに抱っこされた赤ちゃんは安心したようで、ニコニコです。

赤ちゃんの笑顔はたまりませんね。

わたしの疲れを吹き飛ばしてくれました。(((o(*゚▽゚*)o)))

お礼を言いたいのは、わたしです。

赤ちゃんが泣くのは、理由があるんですよ。

赤ちゃんは純粋で感受性が豊かです。今まで感じたことないがない不吉や不安をに敏感に反応したら、言葉が話せ ないかわりに、泣いて知らせくれます。

わたしたちは赤ちゃんに守らてること多いにあります。

なんか今、、子育て支援に酔ってませんか。

子育てを本当に応援する気があるのであれば、「赤ちゃんは泣いて当たり前」「赤ちゃんが泣いたら協力してあやす」、「赤ちゃんに救われている」根本的なことを伝えて欲しいなーーー

わたしたちも、自分の記憶にはないですが、泣いたから守ってもらったんです、助けてもらったんです。

人は誰しも赤ちゃんだったんだから、、赤ちゃんを嫌がるひとなんていないですやん(*^◯^*)













このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop