ちょっとした『色』の工夫で、日常もビジネスも楽しんでます♪色彩戦略家 池田早苗ブログ | 色彩戦略家・池田早苗の「稼げる色学」は、売上を上げるための講座やセミナーを開催しております。(大阪心斎橋カラースクール)

色彩戦略家 池田早苗の「稼げる色学」
お問合わせ
色で売上UPしたい方へ

紫を好むのは変人?欲求不満ってホント?

色彩心理基礎講座で、生徒からの質問です。

意外と、この質問は多いです。

「先生、紫を好むのは欲求不満だとか、変人と聞いたことがあります。本当ですか?」

答えは、もちろん違います。

わたしも、色彩を学ぶまではそのように思っていたので、紫を、欲求不満や変人扱いされても、驚きはしないのすが、紫を好きな方に、申し訳ないので説明します。

では、何故紫が変人扱いされるのでしょうか・・・

その一つには、紫は赤と青の両方の特徴を持っています。

赤には、即行動、実行、決断を出す、勇猛果敢を発揮させる効果があります。

青には、失敗のリスクがないように、計画的に冷静沈着に進ませる効果があります。

赤と青は持っている特徴が両極端なのです。

紫は、気持ちが沈んでいるときは、赤の効果が作用し、自己治癒力を上げます。

気持ちが高ぶって、荒れているときは、青の効果が作用し、興奮を静めようとします。

したがって、紫は精神状態のバランスを整えてくれる色なのです。

このような、きちんとした説明が飛ばされ、色を面白おかしく書いている記事が多いので、どうも紫が誤解されているようですね。

それから、紫は、古来から高貴で高尚な色として、とても大事に扱われていました。

なので、紫の選び方や、使い方を間違えると、下品に見えたり、派手に見えたりするほど、扱いが難しいデリケートな色です。

扱いが非常に難しいところからも「変わった色!」、紫を好む人を「変わった人」という捉え方をされるのでしょう。

究極のおしゃれさんは、紫を素敵に着こなしたいと思っていらっしゃいます。

例えば、男性が、紫のネクタイを付けていると、優雅でリッチに見えます。
女性が、紫のアクセサリーを付けていると、とてもエレガントに見えます。

紫の効果については、赤紫のワインでさらに、盛り上がりました。

受講生に、「赤ワインを飲むと、どんな気持ちになる?」と質問すると、「リッチな気持ちになります!」

ポリフェノール効果で、美しくなりそうな気分にもなりますよね。

ワイン色(赤紫)には、リッチな気分や、美しくなるような雰囲気を楽しませてくれます。

紫陽花の薄紫や、ラベンダーには、気持ちをホッと和ませてくれる効果があります。

あなたが好きな紫は、決して変わった色ではなく、とても繊細でデリケートな色なのです。

わたしも紫が大好きです。

生徒も紫が好きになったようです。

色の偏見が無くなると、扱える色が増えるので楽しくなりますよ。


知れば知るほど使いたくなる!
色彩心理基礎講座

色の楽しさから始める!
色彩心理体験レッスン
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop