色彩戦略家 池田早苗の「稼げる色学」
お問合わせ
色で売上UPしたい方へ

教えて先生!「おしゃれをするのに躊躇するんです」

「先生、おしゃれをするのに躊躇します。とても勇気がいります。どうすればいいですか?」

とても多いご相談です。

わたしも昔そうでした。

なので、その気持ちすごく分かります。

おしゃれをすることになぜ躊躇してしまうのか?

まず一つは、相手からどう思われるのか気になるから。

それから、おしゃれをする気持ちの中に、「目立つのではないか」、「自慢に見えないかな」、「ええ格好してるように思われないかな」など、マイナスの結果を出しているから。

わたしの場合、せっかくおしゃれをしたのに、褒めてもらえなかったら悲しくなったり、不安になったりしたことも原因になっていました。

しかし、そもそもおしゃれって褒めてもらうためにするものでしょうか?

例えば、街を歩いていて、おしゃれな人に出会うと、「感じいいな〜」、「あんな格好してみたいな〜」と、幸せな気持ちになったことありませんか?

おしゃれをすることは、相手から褒めてもらうことを意識するのではなくて、相手を幸せな気持ちにさせることなのです。

服装は、不思議と自分の心理状態が現れます。

「だれよりも目立ちたい。」と思うと派手な色や奇抜な色を選んだり、「○○さんに勝ちたい」と思うと、競争心が服装に現れたりします。

とても不自然です。

このような服装では、好感を持ってもらいにくいです。

では、どうすればいいのか。

おしゃれをすることを、自分のためではなく、相手に喜んでもらうために考えると、どんどん楽しくなります。

街であなたとすれ違った人は、「あの人素敵だな〜」、「感じいいな〜」と、幸せな気持ちになるはずです。

人は、自然な美しいものに惹かれます。自然な美しさには共感します。

おしゃれは自分のためではなく、相手のためにするもの。と思えば、おしゃれに躊躇したりしないのではないでしょうか。(⌒-⌒)ニコニコ...




職場でも飲み会でも女子会でも、賢く好感度を上げるおしゃれの楽しみ方お話しします。o(*^▽^*)o~♪
詳細はこちら




イメージ&骨格ラインレッスン

パーソナルカラーレッスン





池田早苗著書
「繁盛飲食店だけがやっている あなたの店を女性客でいっぱいにする『色彩』のしかけ」同文館出版



池田早苗カラーコンサルティング実績


池田早苗講演・セミナー・研修実績


スクールトップページ


その色すごくステキ!
『色』で人も企業も寿命はのびる!色彩戦略家 池田早苗メールマガジン登録



このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop