女性の心を掴む色彩心理〖男性と女性との色の捉え方の違い〗 |色彩戦略家・池田早苗の「稼げる色学」は、売上を上げるための講座やセミナーを開催しております。(大阪心斎橋カラースクール)

色彩戦略家 池田早苗の「稼げる色学」
お問合わせ
色で売上UPしたい方へ

女性の心を掴む色彩心理〖男性と女性との色の捉え方の違い〗

男性と女性とでは色のでは捉え方が違う

たとえば赤・・・

男性の場合、赤の心理は、やるき、挑戦、情熱、闘争、攻撃など、みなぎる力をイメージされます。

しかし、女性の場合、男性が納得する赤の心理効果だと、赤を取り入れることに躊躇します。

なぜならば、女性は小さい頃から赤い色に慣れ親しんでいます。

コラム2

赤から連想するものは、口紅、バラ、チューリップ、ドレスなど。

このような連想から、やる気、挑戦、情熱、闘争、攻撃などの結びつきにはならないのです。

女性は小さい頃、お母さんに口紅をつけてもらったときのワクワク、ドキドキしたこと、赤いドレスを着て「可愛い」、「キレイ」と褒められたこと。誕生日に赤いバラをもらって感動したこと。

このような記憶が残っています。

男性が抱く赤の力強さよりも、女性は、華やか、艶やか、目立つ、ドラマティックなど、自分のモチベーションをアップする効果のほうが強いのです。

なので、赤い洋服を着ている女性に、「○○さん、今日はやる気満々ですね。」はNGですよ!
「今日は一段と華やかですね。この後パーティですか」

すると、「このあいだの話の続き、また聞かせてね」と、あなたへの関心度が上がります。

女性は色に対しても女ゴコロを大事にします。

女性を喜ばせる色の心理で、女性のハートをしっかり掴んでくださいね。

PageTop